たまりば

  多摩のビジネス・経済 多摩のビジネス・経済  その他 その他

2020年02月22日

IOTシステム成功に必要なこと

IoT開発やIoTシステムの話題は一時期ほどではないにしろ AIと並んでよく耳にします。

さて、大手ベンダーでも Iotシステムを手掛けております。
ここで重要なのは データをどのようにしてみるか あるいは掛け合わせるかということです。

データをクラウドに上げ、グラフを出すぐらいはそんなに難しいことではありません。
問題はそのデータをどのように活用できるか、あるいはこのデータをどのような見方をするかです。

残念ながら、そこまで踏み込んでいるIoTシステムは多くはなく、ユーザーにゆだねられていることが多いように感じます。
Iot開発やIotシステムの選定にあたってはこのような視点で確認されるとよいでしょう。
  



  • Posted by suga41 at 14:32Comments(0)技術紹介

    2020年02月20日

    マイコンの選定について

    マイコンの選定について、いろいろと迷うところはあるかと思います。

    通販等ですぐに購入できるマイコンは全体の一部で、車載用等特別な仕様のマイコンは手に入らないことが多いです。
    このようなマイコンを選定すると代理店を通して正式発注することになるので、納期も半年ぐらいかかることも多いし、数量もリール単位で何千個まとめて購入しないといけません。1000個2000個ぐらいだとたいして安くならないことも多いですね。
    何十万個も使うような大量生産の場合はともかくとして、数千個ぐらいだとメーカーや代理店にそんなに大切にされない感じも受けます(^^;)

    納期がかかることが一番のネックで、マイコンを待っている間に機会損失をしてしまうと感じます。

    令和デバイスでは現実的な選択として、入手性の良い部品や、代替手段のある部品を使うようにして、デバイスの入手難に対応しています。




      



  • Posted by suga41 at 09:45Comments(0)技術紹介

    2020年01月18日

    MSP430マイコンを使ったシステムについて

    MSP430は TI社の低消費電力マイコンとして有名です。

    低消費電力の要望がある案件では第一候補に挙げられます。
    優れているのはスリープからの起動が速いことです。

    MSP430評価キット

    当初は 64Kbyte空間をアクセスするアーキテクチャだったのが、それを超えるメモリを持つマイコンもでてきたのですが、64Kを超えるメモリを扱うのは結構ややこしいこともあります。

    実際のところ、スリープからの起動がそこまで速くなくてもよいという案件は結構あり、そうなるとarm系とかルネサス系のマイコンもバリエーションがあるし、低消費電力自体の性能もかなり良いので、そちらをお勧めすることもあります。

    いずれにせよケースバイケースとなりますので、お気軽にご相談ください。
    今のところ相談は無料で行っております。

      




  • Posted by suga41 at 11:26Comments(0)技術紹介

    2019年12月13日

    超薄型の基板

    この写真にある基板ですが、フレキ基板ではなくリジット基板という固い基板です。
    秋月電子通商で販売されている 0.3mmのユニバーサル基板です。

    超薄型のユニバーサル基板

    基板をオーダーするときに厚さは普通 1.6mmです。
    この厚さでは 固いし、加工もできません。
    しかし、0.3mmぐらいになると 写真のようにゆったりと曲げることができます。
    フレキ基板のように直角に曲げるとか折り曲げるような加工は無理ですが、このぐらいならば楽々曲げられます。また、ハサミで簡単に切ったりもできます。

    柔らかい基板が必要な時、フレキ基板を作ることを考えますが、このように FR-4素材で 極薄にオーダーすることもできます。
    フレキ基板よりはコストを抑えることができます。


      




  • Posted by suga41 at 13:19Comments(0)技術紹介

    2019年10月08日

    時にはX線写真を使うことも

    最近の電子部品は 表面実装というリードがない部品が多くなりました。
    なかでも 半導体やモジュール部品は 端子が底面という部品も珍しくありません。

    時には、動作しない基板もでてくるのですが、拡大鏡や顕微鏡をつかっても 底面の端子を見ることはできません。

    そんな時には X線写真で確認することもあります。



    弊社にはX線装置はないです。これは協力会社に依頼して撮影した写真です。

      



  • Posted by suga41 at 14:26Comments(0)技術紹介